思いを形に現す陶芸家 新倉康生

yasuoyume.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 13日

「かたち・ふれあい」展実行委員 田宮義寛氏のメッセージ

昨年の東日本大震災以降、脅えと不安が入り交じった複雑な心象を記憶に刻み込むなかで、
私たちは一面的な情報に惑わされ、自分のあり方を見失いかけていることも現実だと思います。
このようなときこそ、やりたいこと、好きなことに心身を傾けることが、
どれほど人の人生を輝かせるものであるかを見つめ直し、
自らの知識と技能を生かして自分のためのかたち=楽しみを創造すべきです。
当たり前のことかもしれませんが、自分の好きなことに思いきり取り組める素晴らしさを忘れてはなりません。

かたちを表現するものとして、よい決断と悪い決断の別れ目とはどこにあるのでしょうか。
それはあたかも日常の些事のように、偶然と紙一重のところに潜んでいますから、
偶然と言えば単なる偶然なのかもしれません。
しかし、偶然を味方にできるかどうか、言葉を換えて言うなら、
攻めることと退くことには同じくらいの重みと価値があることを知っているわれわれだからこそ、
表現行為における精神集中の緊迫感と喜びは、ほかでは味わうことができません。
つまり、”遊び心”こそが価値転換の重要な羅針盤となるということです。
それは無心な幼児の感受性に通ずるものではないでしょうか。



    「かたち・ふれあい」展 出品作品
f0179340_1239718.jpg

[PR]

by yasuo_yume | 2012-12-13 12:40 | ヤスオ日記